しょこたん、初日挨拶で「キスシーンは人生の中で大スペクタルロマン!」

Filed in 毎日の日記

すべての写真を見る(3件)中川翔子の初主演映画『恋の正しい方法は本にも設計図にも載っていない』(10月2日公開)が2週間限定で公開され、その初日舞台挨拶が行われた。当日、舞台挨拶終了後には、本作の主題歌で中川本人が歌う「千の言葉と二人の秘密」のライブも開催され、詰めかけたファンで大盛況となった。本作は、タレント、声優などマルチに活躍する中川翔子が初主演を務めるラブストーリー。自身の新曲「千の言葉と二人の秘密」をモチーフに、本が大好きで恋に臆病な図書館司書の女性と建築家を目指すラテン系青年との淡い恋をつづる。本作で初主演を務めたことについて「監督とお会いして1週間後に撮影開始で、しかも主題歌も歌うということでギョッとなりました。撮影中は初めてブログも書けなくなってしまいましたし、緊張からか4kgも痩せてしまいました。でも、人生の中でも大きくて新しいチャレンジになりました」と振り返った。セリフについて、「歌詞は入ってくるけど、セリフは覚え方が解らないので、中学3年生以来、受験用のチェックシートを買って覚えました。でも台本が真っ赤になりすぎて、共演の金子さやかさんや鈴木裕樹さんからは爆笑されました」とコメント。また、一番印象に残っているシーンを中川は、「ネルにデンプシーロールを決めるシーンは、監督とお客さんが笑ってくれるといいねと言いながら撮影したのですが、試写会の時に、誰も笑っていなくて、”大丈夫かな?”と思ってしまいました(笑)」と話す中、司会者から本作でのキスシーンについて聞かれると、照れながらパネルの後ろに隠れてしまった中川に会場は大爆笑。「血が出るくらい歯を磨いたし、フリスクも1箱全部食べてしまいました。私の人生の中でも大スペクタクルロマンでした!」と語った。最後に中川は、「人生も恋も、一歩踏み出そうという勇気が持てる素敵な経験をさせていただきました。皆さんも恋や人生に臆病になった時、この作品のキーワードを思い返してもらうと勇気が出ると思います」と締めくくった。【MovieWalker】

「テラフォーマーズ2期」第4話、黒い影の乱入!!

Filed in 毎日の日記

すべての写真を見る(5件)TOKYO MXほかで放送中のアニメ「TERRAFORMARS REVENGE/テラフォーマーズ リベンジ」(毎週金曜深夜1:05-1:35ほか)の第4話「TRIPLE COMBAT~三つ巴~」のシーンカットとあらすじを紹介する。本作は、火星で異常進化を遂げたゴキブリ”テラフォーマー”と、その討伐のために手術で肉体強化した人間との戦いを描くSFアクションの続編。致死率100%のウィルスのワクチン製造のため、火星へテラフォーマーのサンプル確保に向かった膝丸燈らは、困難を乗り越え任務を進める。だが、その裏では、人類同士の争いが起こる。【第4話あらすじ】劉の発勁と豹紋蛸(ヒョウモンダコ)の毒で満身創痍(そうい)のアシモフだが、攻撃の手を緩めることなく、徐々に劉を追い詰めていく。さらにアレクサンドルの策略も加わり、第三班と第四班の死闘は混迷を極める。そのさなか、巨大な黒い影がアネックスの周囲を囲む。鳴りを潜めていた「やつら」が、大群でアネックス本艦を包囲する。人間同士の争いをあざ笑うかのように、容赦なく襲い掛かるテラフォーマー。命懸けのバトルは「人間VS人間VSテラフォーマー」の三つどもえの戦いへとなだれ込んでいく。なお第4話は、TOKYO MXより4月22日(金)深夜1時5分から順次オンエアとなる。

宮沢りえ「グーグーだって猫である」続編決定!6月放送予定

Filed in 毎日の日記

2014年に宮沢りえが主演を務めたWOWOWの連続ドラマ「グーグーだって猫である」の続編「グーグーだって猫である2 -good good the fortune cat-」が製作・放送されることが決定した。前作に引き続き、宮沢、長塚圭史、黒木華、田中泯が再集結する。6月放送予定。 小泉今日子主演で映画化もされた原作は、飼い猫との愛しい日々をつづった漫画家・大島弓子の自伝的コミックエッセイ。主人公の麻子(宮沢)と猫たちの生活、編集者・大森(長塚)の結婚、アシスタントのミナミ(黒木)の独立、消えたホームレス(田中)の行方……。前作では描き切れなかった、グーグー(麻子のネコ)と共に過ごした15年8か月の間に起きた出来事を、原作を基にオリジナルストーリーとして作り上げる。 映画版と前作同様、監督は『ジョゼと虎と魚たち』『のぼうの城』の犬童一心。脚本は『そこのみにて光輝く』などの高田亮が手掛ける。 「連続ドラマW グーグーだって猫である2 -good good the fortune cat-」は6月放送予定 毎週土曜よる10時(全5話)

女性の味方!スタミナ食「レバにら」をもっと食べよう

Filed in 毎日の日記

すべての写真を見る(2件)寒暖差や湿度の高さなど、この時期は体の調子を崩すことも多いもの。そんな時こそ、スタミナ料理の代表、「レバにら炒め」がおすすめだ。レバーはビタミンA、ビタミンB群、鉄分、葉酸が詰まったパワー食材。また、にらも昔から疲労回復のために食べられることが多く、鉄分、カリウム、カルシウム、マグネシウム、βカロテン・アリシン・ビタミンCも含まれている。さまざまな栄養素、特に鉄分補給にぴったりの「レバにら炒め」。頻繁に食卓に登場させて、女性こそたっぷり食べてみては?【主菜】レバにら炒め(1人分・223kcal、塩分2.6g、調理時間30分)<材料・2人分>牛レバー150g、下味(塩、こしょう、しょうゆ、片栗粉各少々)、もやし1/3袋、にら1/2わ、にんにく1/2、しょうが1/2かけ、赤とうがらし1本、合わせ調味料(みそ大さじ2、砂糖、酒各大さじ1、水溶き片栗粉[片栗粉小さじ1/2+水小さじ1])、サラダ油小さじ2、ごま油少々<作り方>(1)牛レバーは一口大に切って水に充分さらし、流水で洗って血抜きする。ペーパータオルで水けをふき取り、下味の材料をまぶす。(2)もやしはできればひげ根を取る。にらは3~4cm長さに切り、にんにく、しょうがは薄切り、とうがらしは水につけてもどし、種を除いて小口切りにする。合わせ調味料を混ぜ合わせておく。(3)フライパンにサラダ油を熱し、にんにく、しょうがを炒めてレバーを焼きつけ、とうがらし、もやし、にらを加えて炒め合わせ、合わせ調味料を加えて調味する。仕上げにごま油を回しかけて器に盛る。【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】

飛騨地方に初のスタバ!出店に先駆け無料試飲会を開催

Filed in 毎日の日記

スターバックス コーヒーは、2016年初夏に岐阜・飛騨地方では初出店となるドライブスルー併設の店舗を高山市にオープンさせる。出店に先駆けて、スターバックスこだわりのコーヒーをいち早く地域の方に楽しんでもらう”スペシャル テイスティング イベント”を11月28日(土)に開催する。すべての写真を見る(2件)高山市一号店である同店は、JR高山駅西側の閑静な住宅街に位置し、約50 坪を有する県内最大級のドライブスルー併設店舗となる。ゆったりとした店内で、家族や友人とコーヒータイムが楽しめるだけでなく、出勤前やドライブの途中に、車に乗ったまま買い物ができるドライブスルーを利用できるなど、用途に合わせてさまざまなシーンで活用できる。飛騨地方の人へ挨拶を兼ね、オリジナルの「スターバックス号」が、ひと足早く出店予定地に登場!バリスタが一杯一杯、心を込めて作る「スターバックス ラテ」や「ドリップ コーヒー」を無料で楽しめるので、この機会をお見逃しなく!【東海ウォーカー】

【紅白】大竹しのぶ「とうとう来たなと」紅白初舞台に意気込み!

Filed in 毎日の日記

すべての写真を見る(3件)12月31日(土)にNHK総合にて生放送される「第67回NHK紅白歌合戦」のリハーサル(2日目)が、会場となる東京・渋谷のNHKホールで12月29日に行われ、初めての出場となる大竹しのぶがリハールを行い、囲み取材に応じた。大竹が披露するのはエディット・ピアフの名曲「愛の讃歌」。これまで舞台で大竹が幾度となく主演してきた演目「ピアフ」の中に登場する一曲だ。リハーサルでは大輪の花の映像をバックに、朗々と歌い上げてみせた。囲み取材で、初出場の感想を聞かれた大竹は「とうとう来たなという感じです。出演が決まったときは、私自身も驚きましたが、周りの反響がすごかったです。発表になったときに、LINEやメールが69件も入っていました。友達やそんなに連絡取っていない人からも…」と明かす。ただ、元夫の明石家さんまからの連絡ついては「入っていないです(笑)」と笑って否定した。初めての紅白の舞台での歌唱については「うまく歌えるかどうか心配で不安です」と謙虚な様子。どんな気持ちで歌いたいかと聞かれると「(劇中で歌唱する)ピアフの気持ちというものを素直に伝えられればいいなと思います。この歌を歌う時は自分の愛する人が亡くなったときで、芝居とリンクする部分がある曲です。それでも強く生きていかなければならないという思いで歌う歌です。役として歌うのか、自分として歌うのか分からなくなるときも…」と思いを込めて語った。さらに、来年はどんな年にしたいか聞かれ「来年は還暦なんです。変わらず楽しく生きていきたいと思います」と優しい笑みを浮かべた。

竹内結子、ホラー映画の引退宣言「慎重に検討させて」

Filed in 毎日の日記

すべての写真を見る(11件)『残穢(ざんえ)-住んではいけない部屋-』の初日舞台挨拶が、1月30日に丸の内ピカデリー1で開催。2月3日の節分を前に、竹内結子、橋本愛、佐々木蔵之介、坂口健太郎、滝藤賢一、中村義洋監督がヒットを祈願し、豆が入った巾着を客席にまきながら入場した。怖がりだという竹内は、今後のホラー映画出演について尋ねられると「え?そういうこと聞いちゃいます?」とおどける。「私ごとですが、18年前の今日くらい、『リング』(98)でスクリーンデビューをしまして。最初がホラーということで、今回、リベンジという形で出演が叶ったのですが、やはり内容が……。なるべくホラーに関しては、引退宣言とさせていただきたい」と苦笑い。さらにMCから「もしも、次のオファーが来たら?」と聞かれると「慎重に検討させていただきたいと思います。いっそ出るなら、飛び出してくるようなキャラクターで出てみたいです」と語った。中村組に初参加となった橋本は、「中村監督のご指示がすごくわかりやすくて、端的な言葉で表してくれるので、すごくやりやすかったです。久しぶりにホラーを撮られるタイミングでごいっしょできたのはうれしかったです」と笑顔を見せた。舞台挨拶では、本作が11の国と地域での配給が決定し、4月22日(金)より開幕する、18回ウーディネ極東映画祭のコンペティション部門への出品が決定したことも告知された。最後に中村監督が「そばに置いておくだけでも怖い本ですが、映画を観るのもどうかという。ある意味、”刑事(デカ)”より”あぶない”映画なんです」と、同日公開となる『さらば あぶ刑事』を意識して、本作をアピールした。『残穢(ざんえ)-住んではいけない部屋-』は、第26回山本周五郎賞に輝いた小野不由美の小説を、『白ゆき姫殺人事件』(14)の中村義洋監督が映画化したミステリー。ある小説家(竹内結子)が、奇妙な”音”のする部屋に住む女子大生(橋本愛)から投書を受け取ったことをきっかけに、謎の原因を探り、部屋を巡る驚くべき真相に迫っていく。【取材・文/山崎伸子】

今宵、番組史上最多の芸人が”レッドカーペット”を駆け抜ける!

Filed in 毎日の日記

すべての写真を見る(9件)4/27(土)に「爆笑レッドカーペット」が約4カ月ぶりに放送される! 1分前後のショートネタのお笑い大会で、ネタ終了と同時にカーペットが動き、芸人が舞台袖に流されていく形式でおなじみだが、今回”流される”芸人は番組史上最多になるという。登場するのは、キンタロー。、ニッチェ、NON STYLE、’12年の「THE MANZAI」優勝者・ハマカーン、ことし1月の同番組で”レッドカーペット賞”を獲得し、「笑っていいとも」の週替わりレギュラーに抜てきされたウエストランドなど、”今旬”の芸人たち。短いネタ時間に詰め込む笑いの濃厚さは格別だ。また今回、新コーナー「スーパーショートカーペット」略して”SSC”が登場。1分以下の、さらに短いネタで大爆笑を取る自信のある芸人10組がレッドカーペットが流れるより早く(!?)一気に駆け抜ける! ”珠玉の10秒”か、はたまた”10秒しか持たない”のか…瞬き禁止の企画だ。今回芸人を審査をする”レッドカーペット会員”は内藤剛志、勝俣州和、山本美月、川口春奈、潮田玲子、Ami、竜星涼。より多くの”笑い”ポイントを獲得し、”レッドカーペット賞”に輝くのは誰になるのか? さらに新しい試みとして、視聴者参加企画も用意。スマートフォンから「爆笑レッドカーペット」公式サイトにアクセスすると、”笑いボタン”が表示される。芸人たちのネタを見て面白いと思った時にそのボタンをタップすると、テレビ画面上の「ワラメーター」の数値がリアルタイムに上がっていくという仕組み。一緒に番組を盛り上げられるこの試み、ぜひ参加してみよう!

リアム・ヘムズワース、マイリー・サイラスと婚約破棄へ

Filed in 毎日の日記

すべての写真を見る(5件)かねてから破局説が流れていたリアム・ヘムズワースとマイリー・サイラスだが、この度、リアムがマイリーとの婚約を正式に破棄したことがわかった。Usウィークリー誌が独占で報じた後、複数のメディアが伝えたもので、米テレビ番組アクセス・ハリウッドへも、「ふたりは完全に別れました」と関係者が語っている。ふたりは、2009年に『ラスト・ソング』(10)の共演がきっかけで交際をスタート。リアムがマイリーに、3.5カラットのダイヤの婚約指輪を贈り、2012年6月には婚約している。しかし、2013年に入ってマイリーの言動やファッションが大胆かつ過激になる一方で、リアムの浮気が報じられるなど、ふたりの関係に陰りが見え始め、マイリーが婚約指輪をつけていなかったことで、ふたりの破局説が浮上した。リアムは、兄クリス・ヘムズワースらのアドバイスで、マイリーと距離を置くために生まれ故郷のオーストラリアに戻ったが、結局はロサンゼルスに戻ってマイリーと同居を始め、3月にはマイリーが破局説を一蹴するコメントをツイート。「色々あるけれど、カウンセリングにも通っているし、問題ない」と強気だったが、数日前には「ふたりは同居しているが、寝室は別々」とも伝えられていた。Usウィークリー誌によれば、マイリーが「私たちは終わった」と友人に話しており、リアムから「別れた方がお互いのため」と別れを切り出したようだ。兄クリスは、『マイティ・ソー』『アベンジャーズ』シリーズで大ブレイクしており、リアムはジェニファー・ローレンス主演の『ハンガー・ゲーム』シリーズなどでブレイク直前とも言える身。兄に続けるかは、まさに今が正念場と言われており、マイリーとの別れを望んでいた兄らのアドバイスに従ったようだ。【NY在住/JUNKO】

『ゼロ・ダーク・サーティ』のマーク・ストロング、アカデミー賞にがっかり

Filed in 毎日の日記

映画『ゼロ・ダーク・サーティ』のマーク・ストロングは、同映画が物議を醸した内容だったためアカデミー賞の主要部門で賞を一つも獲得できなかったことを今でも残念に思っていると語った。 映画『ゼロ・ダーク・サーティ』写真ギャラリー マークは新作映画『ビトレイヤー』の試写イベントで、「政治的論争のせいで痛手を受けたと思う。僕は今でも最優秀作品だと思っているから残念だよ」とBANG Showbizに語っている。 一方、潜伏状態から出てきた悪名高い犯罪者を追う刑事を描いた映画『ビトレイヤー』でマークはジェームズ・マカヴォイと共演。非常に楽しい撮影だったという。 「ジェームズとは激しく敵対しながらも、協力し合う可能性を残さなければならない間柄を演じたから、とても面白かった。うまくいったよ。僕は引退した犯罪者ジェイコブ・スターンウッドを演じているんだが、最後の仕事でジェームズ演じるマックスのひざを撃って障害を負わせてしまう。3年後、アイスランドで隠居生活を送っている僕に息子から手を貸してほしいとの電話があり、潜伏状態から出てきたところ、聞きつけたマックスが追ってきてロンドンからいたちごっこがスタートする。この映画のすごいところは、普通ならアクション・スリラーを作れない予算で撮影したことだ」とマークは語っている。


ギーディオンブログ
TOP