入場無料&撮影OK!西野亮廣の絵本展がイオンモール堺鉄砲町で関西初開催

Filed in 毎日の日記

キングコング・西野亮廣の絵本の世界観が体感できる「えんとつ町のプペル光る絵本展 ~にしのあきひろ絵本ギャラリー~」が、大阪府堺市のイオンモール堺鉄砲町で4月28日(金)から開催される。すべての写真を見る(3件)芸人の枠にとらわれない、幅広いフィールドで活躍する西野亮廣が、4年半もの歳月をかけて作り上げた「えんとつ町のプペル」。発売後、わずか半年でAmazon書籍総合ランキング1位、発行部数の合計が28万部(2017年4月現在)を達成するなど、大きな話題となった。イオンモール幕張新都心での開催時には、13日間で約3万6000人もの人々が来場するなど、各地で大盛況を博している同展。関西初開催となる今回は、全41点の絵がLEDで光る仕掛けとなっていて、まるで絵本の中に迷い込んだかのような、ファンタジーな世界を体験ができる。作品はすべて撮影が可能で、希望すればシルクハットと蝶ネクタイを無料で貸し出してくれるので、主人公・プペルになりきっての記念撮影が楽しめる。同展の最終日となる5月14日(日)18:00~19:00には、西野亮廣サイン会(100人限定※ひとり1点まで)も開催。4月28日から5月14日までに、天牛堺書店イオンモール堺鉄砲町店で「えんとつ町のプペル」の代金(2160円)を支払うとサイン会参加券がもらえ、サイン会当日に西野本人から直接、サインを入れた絵本がもらえる。同展では、過去作品も展示されるほか、「A5ステッカーシート」(500円)や「クリアファイル」(500円)といった、会場限定のオリジナルグッズも販売。入場は無料なので、ゴールデンウィークに足を運んでみよう!【関西ウォーカー編集部/石川貴大】

ついにダース・ベイダー降臨!SWアナザー・ストーリー最新予告に興奮

Filed in 毎日の日記

『スター・ウォーズ』シリーズの原点『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』(77)へと続く、今まで語られることのなかったアナザー・ストーリー『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』(12月16日公開)から最新映像が公開された。すべての写真を見る(2件)解禁された映像は”ダース・ベイダーのテーマ”として知られる「帝国のマーチ」の音楽が流れるなか、反乱軍に加わった女性戦士ジン・アーソを筆頭に、寄せ集め5人の極秘チーム「ローグ・ワン」のそれぞれの姿が映される。反乱軍のメンバーから「お前を信用できるのか?」と問われ「お互い様でしょ」と返答するジン。ジェダイが存在しない時代で、フォースもライトセーバーも使えない、はぐれ者の寄せ集めでバラバラの5人は「97.6%の確率で失敗する」というデス・スターの設計図を奪うミッションに旅立つ。そして帝国軍のストームトルーパーやデス・トルーパーと反乱軍の迫力の戦闘が次々と繰り広げられる映像の最後に、お馴染みの呼吸音と共に”悪の帝王”ダース・ベイダーが登場する。本作に関して、ルーカスフィルムの社長でプロデューサーを務めるキャスリーン・ケネディは「『スター・ウォーズ』の世界には、別の形で語られるべき物語があるという、ジョージ・ルーカスのアイデアから本作品が生まれました。この『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』は、家族の物語というシリーズの価値観を継承しつつ、これまでのファンはもちろん、新しい世代の観客をも魅了するような作品になるでしょう」と語っている。満を持して登場するダース・ベイダーはどのように5人の戦士たちの前に立ちはだかるのか。今から期待が高まる【Movie Walker】

人気絵本シリーズ「くまがく」×「ティニー」が映画化決定

Filed in 毎日の日記

すべての写真を見る(3件)8月25日(金)より、「映画くまのがっこう パティシエ・ジャッキーとおひさまのスイーツ」と「ふうせんいぬティニー なんだかふしぎな きょうりゅうのくに」が全国東宝系にて同時上映されることが決定した。前者の原作となる「くまのがっこう」(ブロンズ新社)は、文をあいはらひろゆき、絵をあだちなみが手掛ける絵本シリーズ。11匹の優しいお兄ちゃんクマの子と、いたずらできかんぼうなクマの女の子・ジャッキーの、何でもないけれど温かな日々の暮らしを描いている。’02年8月に第1巻が発売されて以来着実に人気を集め、シリーズ累計発行部数は210万部を突破。国内だけでなく、中国、台湾、韓国、フランスなど海外でも出版され、世界中で愛されている。また、’13年にはシリーズ7作目「ジャッキーのいもうと」に登場するキャラクター・ルルとロロを主人公にしたスピンオフアニメ「がんばれ!ルルロロ」がNHK Eテレで放送スタート。現在は、毎週木曜に再放送されている(朝6:40-6:45、昼5:20‐5:25)。今回の映画化は、’10年に公開された劇場版「くまのがっこう~ジャッキーとケイティ~」以来7年ぶり。さらに、誕生15周年を記念して1月18日(水)にシリーズ15作目となる新作絵本「ジャッキーのしあわせ」が発売される。本作には新しい仲間として「ミルクちゃん」が登場。絵本発売と同時に、あだちなみが特別に描き下ろした15周年記念アートのグッズの発売や、記念イベントの開催も予定されている。もう一作の原作となる「ふうせんいぬティニー」(マガジンハウス)は、川村元気と佐野研二郎の共著。雲の上にある”ふうせんどうぶつ”たちの世界に迷い込んだ子犬のティニーと、忘れん坊の”ふうせんうさぎ”のラビィをはじめとする仲間たちが冒険を繰り広げる。同著を原作としたテレビアニメは’14年9月から’15年3月に「ふうせんいぬティニー」としてNHK Eテレで放送され、’15年9月から’16年3月に「ふうせんいぬティニー セカンドシーズン」が放送された。現在も、毎週金曜にセカンドシーズンが再放送されている(朝6:40‐6:45、昼5:20‐5:25)。初の映画化の舞台は、”ふうせんきょうりゅうの世界”。地上に戻ったティニーの下に、ある日突然、空から”ふうせんきょうりゅうのたまご”が落ちてくる。そして、ティニーは再び雲の上の世界へ旅立つことを決心する。この夏、世界各国で愛されている絵本とテレビシリーズの2大キャラクターが、全国のスクリーンで大冒険を繰り広げる。

女子大学生社長・椎木里佳らがバナナマンへ企画を提案

Filed in 毎日の日記

すべての写真を見る(2件)テレビ東京では、9月28日(水)に「テレ東世論調査~新しい番組バナナマンと考えちゃいます~」を放送する。本番組は、「テレ東→六本木3丁目移転プロジェクト」の一環で、’16年11月に視聴者の不満と要望を基にした特別番組を放送するにあたり、世間の声を集める「テレ東世論調査」シリーズから派生したもの。ことしの夏に、視聴者や「そもそもテレ東を見ません!」という一般人にもテレビ東京への不満&要望を広く募集。今回の放送では、MCのバナナマンが、視聴者の声を受けて誕生した番組候補が実際に放送できるのかを熟考する。番組では、鷲見玲奈アナの先導で、テレビ東京新本社内の”7つ”の部屋をバナナマンが訪ね、各部屋で待っているプレゼンターから番組候補の提案を受ける。プレゼンターは、有名企業からオファー殺到中の自称”日本一くだらない”広告会社・株式会社バーグハンバーグバーグや、田原総一朗、中畑清、現役女子大学生社長・椎木里佳、品田英雄、東京大学の現役学生による謎解き集団「アナザービジョン」など、普段テレビ以外の世界でも活躍している人物や団体が務める。設楽統と日村勇紀は、プレゼンを真っ向から受け止め、視聴者の要望を実現できる企画を真剣に考えていく。

ネットで話題騒然!超リアルな”幼虫スイーツ”って?

Filed in 毎日の日記

すべての写真を見る(9件)白〜いカブトムシの幼虫や、緑色の青虫…。思わず悲鳴をあげそうなリアルな幼虫をかたどったチョコや和菓子がネットで話題を集めている。秋田県にある「小松屋本店」の”幼虫スイーツ”だ。「数年前、横手市観光協会で幼虫展を行ったんです。その時に、お菓子を作って盛り上げられないか?と考えて幼虫チョコを作ったところ、人気になったため、商品化したんですよ」(小松屋本店・小松さん)。インパクト大なその外見がネットで注目を集め、今では1日200〜300個が売れることも。ネットと店舗で販売しているが、店舗に訪れるのは年齢の若い人が多いという。「見た目のリアルさを追求するために、手間をかけて形にこだわって作ってるんです。それが人気の理由のひとつかもしれません」(小松さん)。カブトムシの幼虫をモチーフにした幼虫チョコを発売した後、青虫風の和菓子やチョウのチョコレートなど季節ごとに新商品を発表。今年の夏は、うようよとうごめくような”蜂の子”をモチーフにした「はちのこキャラメル」(350円/10個)を発売した。「キャラメルブームなので、インパクトのある蜂の子風のキャラメルを作りました。付属の”はちみつポーション”に蜂の子キャラメルを刺せば、リアルな”蜂の巣感”を楽しむことができますよ」(小松さん)。まだ発売して1か月半ほどだが、売れ行きはなかなか好調だそう。秋にはナムコ・ナンジャタウンで蜂の子の和菓子がのった「はちのこパンプリン」も発売予定だ。プレゼントにも人気なリアルな”幼虫スイーツ”、くれぐれも、虫が嫌いな女の子にプレゼントして嫌わないように注意して。【東京ウォーカー】

天空や街並みをリアルに再現した東京スカイツリー建築模型発売

Filed in 毎日の日記

すべての写真を見る(8件)トミーテックから、東京スカイツリーや東京スカイツリータウンの造形をリアルに再現し、多彩なライティングモードを備えた建築模型が登場。「1/2000東京スカイツリー(R)&東京スカイツリータウン(R)」(2万790円)を、5月17日(木)から発売する。同商品は、76×246mmのジオラマベースの上に東京スカイツリー(R)と東京スカイツリータウンを2000分の1スケールで再現した精密な建築模型。タワー本体は、東京スカイツリー(R)の造形美を再現すべく、”そり”や”むくり”までも意識してスケールモデル化している。東京ソラマチをはじめ、東京スカイツリーイーストタワー(R)、すみだ水族館、とうきょうスカイツリー駅、東武スカイツリーラインの車輌や線路といった鉄道施設、言問通り、おしなり橋、北十間川を綿密に再現しているのが特徴だ。タワー本体のライティングは、朝から夜までの時間の流れを数分の中で表現するモードをはじめ、「『粋風』と『雅風』の光り方を交互に表示する」「色鮮やかで派手なパターンを繰り返し表示する」「音に反応して発光する」などの10種類のモード選択が可能。ゲイン塔の先端の発光や昼間のストロボ発光を再現するなど、細部にもこだわっている。また、オリジナル発光パターンを作ってイルミネーションメッセージや、今後展開されるであろうスカイツリーのライティングも楽しめ、付属のリモコンで離れた場所から自在に操作することもできるという。さらに、付属されている夜景の背景ボードに月や星のデコシールを貼れば、スカイツリーの高さを強調した臨場感も楽しめ、背景は、発売日以降HPからダウンロードできるデータにより着せかえが可能だ。データには、5月21日(月)に起こる「金環日食」バージョンも予定しており(6月上旬より開始予定)、ホビー感覚で写真を撮ったり自宅に居ながらにして天体ショーの観測気分も味わえる同商品。東京スカイツリーを訪れた思い出やギフト、ディスプレイなど、幅広い用途で楽しめそうだ。【東京ウォーカー】

ケイト・ウィンスレットの娘が女優に!?

Filed in 毎日の日記

ケイト・ウィンスレット(40)には3度の結婚で3人の子供たちがいるが、1998年に結婚し、2001年に離婚した最初の夫で、『グッバイ・モロッコ』の助監督を務めたジム・スレアプトン監督との間に授かったミア・ハニー(15)は女優志望だそうだ。すべての写真を見る(4件)イギリスのテレビ番組「Lorraine」に出演したケイトは、ホストから「娘さんは演技に興味を持っていますか?」と尋ねられると、「とても興味を持っているみたい。彼女が置かれている状況は、女優になるのにとてもポジティブな環境が整っているわ。私が女優という仕事を心から楽しんでいるのを見て育っているだけではなく、女優という仕事にどれだけ敬意を示しているかも学んでくれているので、私にとっても、とてもうれしいことなのよ」と語っている。ミアはもちろんのこと、2度目の夫で2010年に離婚したサム・メンデス監督との間に授かった11才の息子ジョーも、ケイトの撮影現場に足を運ぶことも多いとか。「撮影現場では、座ったりぶらぶらしているわけではなくて、ヘッドフォンを付けてモニターを覗き込んで、まるで遊び場みたいにその場の雰囲気を楽しんでいるわ。仕事ぶりをよく見ていていろんな質問も投げかけてくるのよ。息子の父親は監督だから、そこでもいい経験を積んでいると思うわ。本当にすばらしい世界に生きていると思う。女優という仕事はすばらしい仕事だと思うし、私はとてもラッキーだと思うし、彼らがどんな道を選ぼうと止めないわ。明らかに彼らは、映画界に興味を示している」そうだ。ちなみにジョーは、現在世界中で大ヒットを記録している『007 スペクター』のメガホンを取り、『アメリカン・ビューティー』(99)ではアカデミー賞監督賞を受賞したオスカー監督のサム・メンデスと、『愛を読むひと』(08)で主演女優賞を受賞したケイトの子供という、まさに映画界のサラブレット。将来が楽しみだ。【NY在住/JUNKO】

ともちん&あびるの天然に三村の激しいツッコミが!?

Filed in 毎日の日記

すべての写真を見る(5件)5月23日より、会員数No.1の映像配信サービス「dTV」の長寿バラエティー「トゥルルさまぁ~ず」最新話が配信中。8年目を迎えた同番組では、さまぁ~ずとあびる優らが、体を張って視聴者から寄せられた投稿を元にさまざまなゲームに挑戦している。今回は「漫画やアニメの第1話タイトル当てクイズが楽しい!」という投稿が寄せられ、さまぁ~ず、あびる、板野友美の4人が「タイトル当てクイズ」の漫画・アニメ編を行うことに。ルールは4人のうち2人が、人気漫画の第1話のタイトルを即興で作り、残りの2人が本物を含めた3択から正解を当てるというもの。第1問のアニメ「天才バカボン」では、三村マサカズとあびるが出題者となり、本物のタイトルを見ずにそれっぽいタイトルを考案する。「(1)天才の反対なのだ」「(2)今日はノー天気なのだ」「(3)バカボン一家だコニャニャチハ」という3択を出題。大竹一樹は「偶然でもよくこの3つがそろったね」と感心する。第2問は漫画「タッチ」からの出題に。しかし、4人のうち誰1人「タッチ」を読んだことがなく、さらにはあびるが原作者のあだち充を相田みつをと間違える始末。先行き不安の中、出題者となった大竹と板野が出題したタイトルは、「(1)タッちゃんとカッちゃんの巻」「(2)南がやってきた」「(3)星くずロンリネス 青春の出会い」の3つ。三村の「”星くずロンリネス”は主題歌の歌詞だから絶対違う! これ板野でしょ!」という鋭いツッコミに、板野は激しく動揺してしまう場面も。頭の良さと言葉のセンスが鍵を握るこのゲームで、普段から天然発言を連発させているあびるは、解答者をうまく惑わすことができるのかに注目!

初の世界一が見えた! 高校野球日本代表の決勝戦をテレビ朝日系で緊急生中継!!

Filed in 毎日の日記

日本をはじめアメリカ、キューバ、韓国など12の国と地域を代表する18歳以下の若き選手たちが集結して野球世界一を決める大会「IBAF 18Uベースボールワールドカップ2013」で、日本代表が決勝に進出。9月8日(日)に行われる決勝で、初の世界一を目指して戦う。テレビ朝日系では、その決勝の模様を同日夜から緊急生中継することが決定した。「18U野球W杯」には、日本代表が過去4回出場。ダルビッシュ有(現レンジャース)や涌井秀章(現埼玉西武)らを擁した’04年の準優勝が最高の成績で、まだ優勝したことがない。ことしのプロ野球界を沸かせる大谷翔平(現北海道日本ハム)や、藤浪晋太郎(現阪神)らスターぞろいの’12年大会でさえ6位に終わるなど、世界の高い壁が日本の高校球児たちの前に立ちはだかってきた。そんな18歳以下の日本代表が、今大会では第1ラウンドを全勝で突破。9月6日に行われた第2ラウンドのキューバ戦は、プロも注目する大阪・大阪桐蔭の森友哉のタイムリーなどで10対0の8回コールド勝ち。投げては愛媛・済美の2年生エース・安樂智大が8回をシャットアウトし、第2ラウンドを1試合残して圧倒的な強さで決勝進出を決めた。今回のチームには、他にも夏の甲子園を安定したピッチングで投げ抜いて優勝した群馬・前橋育英の2年生・高橋光成や、昨夏の甲子園で大会新記録となる1試合22奪三振という大記録を樹立した神奈川・桐光学園の松井裕樹、さらに超高校級スラッガーの福島・聖光学院の園部聡など粒ぞろい。そんなスター選手が集まった”若き侍ジャパン”の戦いを、日曜夜のゴールデンタイムにリアルタイムで視聴できる。解説は日大三高野球部監督で昨年18歳以下の日本代表監督を務めた小倉全由氏、実況はテレビ朝日の清水俊輔アナが担当。厳しい戦いを勝ち抜いてきた高校球児たちが日本の初優勝へ向け、決勝でも熱いプレーを見せてくれそうだ。

30万円超!10金ガンダム指輪がリリース

Filed in 毎日の日記

すべての写真を見る(4件)3月25日(水)から4月7日(火)まで、伊勢丹新宿店メンズ館1階にメンズアパレルショップのSTRICT-G(ストリクト ジー)が2週間限定でオープンする。STRICT-Gは、アニメ「機動戦士ガンダム」のこれまでにない世界観を打ち出し、日本を代表するブランドとコラボレーションを行なうメンズアパレルブランド。これまでリリースしてきたコラボ商品に加え、今回オープンするショップでは、mastermind JAPAN、吉田カバン、かまわぬ、JAM HOME MADEといったブランドとの新商品もラインアップ。さらに、全高約150cmの「STRICT-G 1/12 RX-78-2 GUNDAM MMJ Color ver.」(56万4000円)や「ガンプラハンガーブラックver.付 リミテッドTシャツ」(6480円)といったSTRICT-Gのオリジナルアイテムも先行販売する。オープンを記念して、「JAM HOME MADE FACE RING GOLD ver.」2種類も限定販売される。ワンランク上の「ガンダム」好きを名乗るなら、見逃せないショップとなりそうだ。【東京ウォーカー/記事提供=WebNewtype】


ギーディオンブログ
TOP