Home > 毎日の日記 > 「ジャージはちょっと」AKB48・板野友美が高橋みなみにおしゃれ指導?

「ジャージはちょっと」AKB48・板野友美が高橋みなみにおしゃれ指導?

すべての写真を見る(5件)AKB48の”おしゃれ番長”こと、板野友美が編集長を務めるファッションマガジン「TOMOCAWAII!VOL.3」の発売を記念して11月6日、都内で握手会を開催した。
第3弾となる今回は、ロードムービー仕立てのロケショットに始まり、板野が注目する秋冬ファッションやメーク術、セルフインタビューなどが掲載されている。
板野は撮影を振り返り「いつも自分じゃ選ばないような服を着られて楽しかったです。大人っぽい感じで撮らせていただいて、こういう雰囲気も出せるんだ、と自分で発見がありました」と笑顔。板野編集長自らの採点は「85点」とし、「だって100点満点出しちゃったら次にいけないじゃないですか」と早くも次号へ向けての意欲を伺わせた。
AKB48のメンバー間でもファッションの話題で盛り上がっているようで「誰かが着てる服とか小物がかわいかったりしたら、それどこで買ったの?ってお互いに情報交換して、そこからおそろいにしたりしてます。一緒に買いに行っておそろいにしたり」と、女の子らしいおしゃれの楽しみ方を語った。一方、『服装に疑問を感じるメンバーはいるか?』という質問には「たかみな(高橋みなみ)がジャージーばっかり着てるので、それはちょっと違うんじゃないかなって(笑)。最近はみんなに影響されてかわいいカッコとかもしてるんですけど」と明かし、”おしゃれ番長”の辛口チェックが入る一幕もあった。
板野のチャームポイントである「アヒル口」の愛らしい表情も見どころだが、本人は「コンプレックスでした。かっこいい曲でも笑ってるみたいで。歌ってるときにもアヒル口になっちゃうのが嫌ですね」と、意外な胸の内を明かした。
同誌の見どころについては「秋冬のコーディネートで撮ったんですけど、自分でも参考にしたいようなファッションができました。今回はちょっと大人っぽい自分に挑戦しているので、ぜひ見てください」と、はにかみながらPR。会見後は、100人以上の女性を含む1600人のファンと握手会を行い、ファンとの交流を楽しんだ。

Comments are closed.


TOP