Home > 毎日の日記 > しょこたん、初日挨拶で「キスシーンは人生の中で大スペクタルロマン!」

しょこたん、初日挨拶で「キスシーンは人生の中で大スペクタルロマン!」

すべての写真を見る(3件)中川翔子の初主演映画『恋の正しい方法は本にも設計図にも載っていない』(10月2日公開)が2週間限定で公開され、その初日舞台挨拶が行われた。当日、舞台挨拶終了後には、本作の主題歌で中川本人が歌う「千の言葉と二人の秘密」のライブも開催され、詰めかけたファンで大盛況となった。
本作は、タレント、声優などマルチに活躍する中川翔子が初主演を務めるラブストーリー。自身の新曲「千の言葉と二人の秘密」をモチーフに、本が大好きで恋に臆病な図書館司書の女性と建築家を目指すラテン系青年との淡い恋をつづる。
本作で初主演を務めたことについて「監督とお会いして1週間後に撮影開始で、しかも主題歌も歌うということでギョッとなりました。撮影中は初めてブログも書けなくなってしまいましたし、緊張からか4kgも痩せてしまいました。でも、人生の中でも大きくて新しいチャレンジになりました」と振り返った。セリフについて、「歌詞は入ってくるけど、セリフは覚え方が解らないので、中学3年生以来、受験用のチェックシートを買って覚えました。でも台本が真っ赤になりすぎて、共演の金子さやかさんや鈴木裕樹さんからは爆笑されました」とコメント。また、一番印象に残っているシーンを中川は、「ネルにデンプシーロールを決めるシーンは、監督とお客さんが笑ってくれるといいねと言いながら撮影したのですが、試写会の時に、誰も笑っていなくて、”大丈夫かな?”と思ってしまいました(笑)」と話す中、司会者から本作でのキスシーンについて聞かれると、照れながらパネルの後ろに隠れてしまった中川に会場は大爆笑。「血が出るくらい歯を磨いたし、フリスクも1箱全部食べてしまいました。私の人生の中でも大スペクタクルロマンでした!」と語った。最後に中川は、「人生も恋も、一歩踏み出そうという勇気が持てる素敵な経験をさせていただきました。皆さんも恋や人生に臆病になった時、この作品のキーワードを思い返してもらうと勇気が出ると思います」と締めくくった。【MovieWalker】

Comments are closed.


TOP