Home > 毎日の日記 > 朝鮮時代は淫乱の歴史!? 韓国時代劇はエロの宝庫だった

朝鮮時代は淫乱の歴史!? 韓国時代劇はエロの宝庫だった

すべての写真を見る(6件)日本でも人気を集めている韓国時代劇。実在した偉人の一代記を描いた正統派から、ワイヤーアクションなど現代的要素を取り入れたフュージョン時代劇と、そのテイストは様々だ。なかでも、ペ・ヨンジュン主演の映画『スキャンダル』(03)以降、大胆な性描写を取り入れた官能時代劇が韓国では人気を集めている。
エロの醍醐味といえば、背徳感だが、ドラマ「恋の罪 梅月党の遊女たち」では妓房(女郎宿)を訪れ、妓生(娼婦)たちと禁断の夜を過ごす男と、その様子をのぞき見る女の姿が描かれる。男が妓生の臀部をいやらしい手つきで触り、その情事をのぞく女も自身の快楽に堕ちていくなど、本作はまさにエロの応酬。さらに、情事をのぞく者とのぞかれる者という、いけないことの背徳感も味わええる。
一方、それとは正反対の、切なさあふれる官能作が、18世紀末の朝鮮時代を舞台に、実在した天才絵師シン・ユンボクの代表作”美人図”を巡る愛に迫った映画『美人図』(08)だ。女人禁制の宮廷に男のフリをして入ったユンボクと鏡職人の青年の許されぬ愛を、ヒロイン役のキム・ミンソンとその相手役キム・ナムギルが、ほぼオールヌードで熱演! 吐息混じりに体中にキスし、体を重ねるなど、リアルかつ情熱的なラブシーンを披露している。
これらのほかにも『王の男』(05)や『恋の罠─淫乱書生─』(06)、『霜花店(サンファジョム) 運命、その愛』(08)など、官能時代劇はいずれも韓国で大ヒット。5000年に及ぶ朝鮮半島の歴史と共に、今も昔も変わらない人間の性のロマンを感じてみてはどうだろう?【トライワークス】

Comments are closed.


TOP