その美貌で恐怖も倍増?タッキー主演映画が最恐ホラーの予感!

Filed in 毎日の日記 Comments Off on その美貌で恐怖も倍増?タッキー主演映画が最恐ホラーの予感!

90年代後半にジャニーズJr.ブームを巻き起こして以来、歌やダンスはもちろん舞台演出といった新たなフィールドへと挑戦し続ける滝沢秀明の主演映画『こどもつかい』が、6月17日(土)より公開される。これまで甘いマスクでファンを魅了してきた滝沢だが、本作はファンも驚きの本格ホラーに仕上がっている!
すべての写真を見る(3件)郊外のとある街で、こどもの失踪事件と、その周りの大人が不審死するという事件が相次いで発生。事件を追う新人記者の駿也(有岡大貴)は街に広がる”こどもの呪い”の噂を耳にする。ある日、駿也の恋人・尚美(門脇麦)が、ふとしたことでこどもから怨まれ、”こどもの呪い”が現実に迫ってくる。そんな2人の目の前に”こどもつかい”が姿を表す…というのが大筋だ。
その謎めいた”こどもつかい”役こそ、これが映画初主演となる滝沢秀明だ。子どもの霊を操り、子どもに怨まれたオトナの命を奪うこどもつかい役を怪演し、新境地を開いている。劇中では特殊メイクにも挑戦。怪しげなマントとハットを被り、顔は不気味に青白く、滝沢の美貌がより恐怖を際立たせている。
また、監督を務めるのは『呪怨』シリーズをはじめ、数々のホラー映画を生み出してきた清水崇。完全オリジナルストーリーとなる本作で、こどもの霊に恨まれる”最怖”の限界へと挑戦しており、既に解禁されている場面写真や特報映像では、白目を剥いた不気味すぎるこどもたちの霊が確認できる。
何はともあれ、あの美しいタッキーが特殊メイクでどんな姿に変わっているのかは、ぜひスクリーンで目撃してほしい!【トライワークス】

甲冑姿のはんにゃ金田「お笑いで天下取る」宣言!

Filed in 毎日の日記 Comments Off on 甲冑姿のはんにゃ金田「お笑いで天下取る」宣言!

すべての写真を見る(16件)お笑いコンビのはんにゃの2人が、東京タワーで3月7日に行われた「名古屋おもてなし武将隊 江戸出陣式」に出席。勇ましい甲冑姿で「お笑いで天下を取る!」と勢いよく語った。
当日は、みぞれまじりの雨が降る寒さ。東京タワーの外に作られた特設ステージに登場した2人は「寒い!」と叫び、震えながらも笑顔で名古屋市をPRした。身に着けた甲冑については「普通は15キロ・20キロの重さらしいんですけど、僕たちのは5キロくらい。それでも重い!」(川島さん)と話していた。
特に愛知県出身の金田さんは、「武将が好きで、甲冑を着るのが夢でした」と、イベント終了後の会見で、感無量の様子。しかし、想像とは若干違ったようで、「夢だったけど似合わなくて…鏡を見たら五月人形みたい」と悔しそうに話していた。
また、お笑い芸人が数多く出演する現状を戦国時代と例え、「今はお笑いも戦国時代。天下取ってやろう!」と、力強く叫んだ金田さん。が、発言した瞬間に弱気になり「…って、川島が言ってました」と、まさかの相方になすりつける場面に、川島さんが「やめてください! 僕何も言ってないです!」と訴えかけると、報道陣からは笑いが起こっていた。
お笑いにストイックな金田さんだけに、あいかわらず女性は苦手の様子。前日に行われた「東京ガールズコレクション」に司会で登場した感想を聞かれると、「女性陣ばっかりでいいニオイがした」と話したものの、「(登場した女性は)違う世界の人。裏でもちょっと居づらかった」とポロリ。ホワイトデーに関してリポーターに聞かれた際も「思っているような事はないです。マジで」とテレたように話していた。
この日は甲冑を着て、はんにゃの代名詞(?)ともいえる「ズクダンズンブングンゲーム」を報道陣の前で披露するひと幕も。いつものポーズで「セット」をしてみるものの、甲冑の重たさからか、動きのキレもいまひとつ。”ややウケ”の会場内を見て、金田さんは「ダメですね。0点です」と、苦笑いしていた。【東京ウォーカー】

スカートは短め!? 大橋未歩アナ率いる「ピンポン7」再結成

Filed in 毎日の日記 Comments Off on スカートは短め!? 大橋未歩アナ率いる「ピンポン7」再結成

すべての写真を見る(1件)テレビ東京系では、5月23日(日)から5月30日(日)まで、ロシア・モスクワで開催される「世界卓球2010モスクワ」の模様を放送するに当たり、昨年の世界卓球・横浜大会を盛り上げるために結成された同局女子アナウンサーユニット「ピンポン7」を再結成することが決定。脱退した大竹佐知アナに代わり加入する新メンバーと、新ユニホームの発表を兼ねた会見が13日、都内で行われ、昨年からのメンバーの大橋未歩アナ、松丸友紀アナ、須黒清華アナ、前田海嘉アナ、相内優香アナ、秋元玲奈アナと新メンバーの繁田美貴アナらが出席した。
男女24の国と地域の選手が集まり激戦を繰り広げる世界卓球は、奇数年に個人戦、偶数年に団体戦と交互に開催しており、今年は団体戦が行われる。前大会の団体戦(’08年中国・広州大会)では、男女共に銅メダルを獲得し、’09年横浜大会(個人戦)では男子ダブルスの水谷隼選手・岸川聖也選手組が銅メダルを獲得している。また、石川佳純選手、松平健太選手ら若手の台頭、さらに男女団体どちらも世界ランク5位(’10年1月現在)に位置づけされているということもあり、今大会もメダルが期待されている。
7人のアナウンサーは、赤のノースリーブのウエアとスコートに、白いファーを足元にまとい登場。デザインを担当した「ピンポン7」リーダー・大橋アナは「後輩たちに『スカート短いです…』とブーブー言われたのですが、やるからにはトコトンやろう! って思って(短めに)決めました。色は燃える赤で応援できるように赤にしました。足元のファーは、モスクワをイメージしてみました」とコンセプトを紹介。さらに、「アナウンス部主任、『ピンポン7』リーダーとして後輩を引っ張り、卓球日本代表をしっかり応援していきたいと思います」と意気込みを語った。
新メンバーの繁田アナは「『ピンポン7』に加入することができてうれしいです。(脱退した)大竹先輩が、机に卓球のラケットを置いていってくださったので、その意思を受け継いで、一生懸命世界卓球をPRしていきたいです」と熱い決意を話した。
なお、大会を盛り上げるメーンキャスターは4年連続で石原良純が務める。


TOP