「そこはかとなく沖縄」で人気の「やちむん」福岡公演が決定!

Filed in 毎日の日記 Comments Off on 「そこはかとなく沖縄」で人気の「やちむん」福岡公演が決定!

すべての写真を見る(1件)「民謡なし、三線(さんしん)なし、されどそこはかとなく沖縄」というキャッチフレーズと聴いていて温かい気持ちになる優しい唄で人気の「やちむん」の3年ぶりとなる福岡公演が決定。ことしで活動20周年を迎えたやちむんだが、現在は一人でボーカル&ギターを担当する奈須重樹のホンワカしたトークもいまだ健在。「沖縄をテーマにした歌をたくさん唄いますので、沖縄好きな方や沖縄に興味がある方、是非聴きにきてください」(奈須)。福岡では初お披露目の曲もいくつか用意しているということなので、是非沖縄の風を感じに行ってみよう。

7人の侍ならぬ7人の監督が大いに語る! イタリア映画祭座談会開催PART1

Filed in 毎日の日記 Comments Off on 7人の侍ならぬ7人の監督が大いに語る! イタリア映画祭座談会開催PART1

すべての写真を見る(11件)4月28日から5月4日まで、東京・有楽町で開催されているイタリア映画祭(5月8日・9日に大阪での開催あり)。その最中の5月1日、イタリア映画界を代表する監督7人が登壇し、観客を前に座談会を行った。こんな機会は滅多になく、しかも無料とあって会場はイタリア映画ファンで超満員。さらに第10回という節目にして、イタリア映画界の巨匠、マルコ・ベロッキオ監督が初来日していることも拍車をかけたようだ。
座談会では監督それぞれが司会者の質問に答えていく形式で進み、「今回上映された作品」「自分のスタイル」について大いに語ってくれた。
『ジュリアは夕べに出かけない』のジュゼッペ・ピッチョーニ監督は「設定は現代ローマだが、自分の映画にローマらしさが出ていることはない。自分の作品に場所を出すのは好みではない」と語り、また「スタイルについては、観てくれた人が何かを見つけて、そこから私らしさを見つけてくれたらよい。映画作りは自分自身が作りながら理解するトライだと思っている」とコメントした。
登壇した監督の中で唯一の女性で『コズモナウタ−宇宙飛行士』のスザンナ・ニッキャレッリ監督は「60年代冷戦中のイタリアでコミュニストの活動を取り上げた。その時代の社会習慣、団結性、独自の男女関係を描いている」「ミュージカルを意識した作りで、まるで舞台を観ているような撮影方法をとった。私は80年代のアメリカ映画『グリース』(78)がよりどころになっていて、この作品の形態を借りて撮影した」と秘密を明かしてくれた。
『ただ、ひとりの父親』のルカ・ルチーニ監督は「トリノを舞台にした主人公の男性の人生を描いた。この作品は北部イタリアの冷たさなどが必要だった」と、北部地域の特性を盛り込んだことを強調し、「自分自身の脚本で撮影したことはなく、他人の脚本で作るのが好きだ。そこが監督としての腕の見せどころで、奉仕するという状況を気に入っている」と、他の監督との差異を述べてくれた。
『それもこれもユダのせい』のダヴィデ・フェラーリオ監督は「私はトリノ出身だけど冷たくないよ(笑)」とまずはルカ・ルチーニ監督のコメントにジョークで返し、「実際の刑務所で撮影し、プロの役者はたったの4人だ。他は全て刑務所の職員や受刑者を使った。ドキュメンタリー色が強いが、そこには生きる力がしっかり描かれている」と力強く語り、「ここにイタリアを代表する7人の侍がいるが、実はいずれも一般イタリア人の感覚とはちょっと合わない。いわゆるマイノリティなんだ(会場大爆笑)。この映画祭では12監督の12作品が上映されているが、巷を席捲している人気映画とは違う。現状は映画の栄光の時代に戻っていると言われるが、動員数が多いのは同じテーマのもので、保守的スタンスばかりだ」と現在のイタリア映画に対する憂いを述べた。

カントリーマアム”ベイクショップ”シリーズから新味登場

Filed in 毎日の日記 Comments Off on カントリーマアム”ベイクショップ”シリーズから新味登場

不二家のロングセラーブランド「カントリーマアム」から”お母さんの愛情が詰まった手作り感のあるクッキー”をコンセプトにしたベイクショップシリーズの新味が登場。「カントリーマアムベイクショップ(窯だしチーズタルト)」「カントリーマアムベイクショップ(窯だしブラウニー)」(参考小売価格・各330円)を、10月4日(火)より全国発売する。
すべての写真を見る(3件)バターとクリームチーズを使ったチーズタルトをイメージした「カントリーマアムベイクショップ(窯だしチーズタルト)」は、濃厚な味わいでありながら、隠し味のシチリア産レモンがほんのり効いた爽やかな後味が特徴。チョコチップを練り込んだ生地にカントリーマアム専用のチョコチップをたっぷり入れてしっとりと焼き上げた「カントリーマアムベイクショップ(窯だしブラウニー)」は、ほろ苦いチョコチップと隠し味のブランデーが香る大人な味わいが楽しめる。
さらに、「ホームパイ」から新たにベイクドショップシリーズに加わった「ホームパイベイクショップ(窯だしデニッシュ)」(参考小売価格・330円)も同日発売。こちらは、ヨーロッパ産の発酵バターを使用した生地に焼きチョコを組み合わせたデニッシュ仕立てのパイで、仕込みの水は、定番のホームパイ同様に富士山の天然水を使っている。
“窯だし”をコンセプトに素材や製法にこだわって丁寧に焼き上げた、焼き立てのようなおいしさが味わえる3品から、あなた好みの1品を見つけてみてはいかが。【東京ウォーカー】

1人寂しく…。やむなく家族と…。理想とは異なる「クリスマスの過ごし方」

Filed in 毎日の日記 Comments Off on 1人寂しく…。やむなく家族と…。理想とは異なる「クリスマスの過ごし方」

すべての写真を見る(5件)今年のクリスマスは何を期待していますか? 今回、10〜40代の男女3552人を対象に実施したアンケートによると、「”理想のクリスマス”と”現実のクリスマス”は違う」と、過半数の人が回答。多くの人が「今年は期待するクリスマスにはならないだろう」と、早くも肩を落としていることが判明した。
リサイクルショップ「エンターキング」は、10〜40代の男女3552人に「クリスマスの過ごし方」に関するアンケートを実施 (2010年11月調べ)。そこで、「クリスマスの理想と現実にギャップを感じる」と回答した人は6割に上ったのだ。「理想のクリスマス」として最も多く上げられたのが、恋人とのデート。「2人でケーキを食べたい」「彼女の手作り料理が食べたい」「一緒にイルミネーションを見たい」といった回答が並んだが、現実には「受験生なので予備校でひたすら勉強します」(10代・男性)、「孤独に寂しくゲーム」(20代・男性)、「お母さんの料理を食べる」(20代・女性)といった、特別に華やかとはいえない予定の人が多く見られた。
ちなみに、同アンケートでは衝撃的な事実も発覚! 半数の人がクリスマスを「重要なイベント」「楽しみ」と回答したのに対し、4人に1人が「クリスマスを楽しむ”フリ”」をしていることが判明。「実はどうでもよいがはしゃいでみせる」と、多くの人が回答したことが分かったのだ。その背景として、「周りの空気に合わせなければ」(10代・男性)、「はしゃがないと彼女がうるさい」(20代・男性)などの意見が。「彼がサプライズ好きなので、付き合って盛り上がっている」(30代・女性)と、男性よりも冷めた目線でクリスマスを捉えている女性もいた。”楽しむフリ”までして、何かしらのクリスマスイベントに参加しなければならないというのもなかなか切ない。
とはいえ、「1年の締めくくりとして、最も恋人との関係を深められるイベント」(30代・男性)などの回答もあるように、家族や恋人との”絆を深める良い機会”として捉えている人も多いクリスマス。意外にも(?)、「40代以上の女性が最もクリスマスを楽しみにしている」という結果も出たので、その世代にプレゼントを用意すれば、かなりの確率で喜ばれること請け合いだ。【東京ウォーカー】

“テイルズ”アニメ新作#15、天族が街を破壊?

Filed in 毎日の日記 Comments Off on “テイルズ”アニメ新作#15、天族が街を破壊?

すべての写真を見る(4件)TOKYO MXほかで放送中のアニメ「テイルズ オブ ゼスティリア ザ クロス」(毎週日曜夜11:00-11:30ほか)の第2期となる『#15 それぞれの哲学』を、場面カットとあらすじで振り返る。
本作は、RPGゲーム『テイルズ オブ』シリーズ20周年記念作品のTVアニメ。世界の災厄を払う「導師」となった人間の青年・スレイ(CV.木村良平)は、人の目には見えない霊的な存在「天族」のミクリオ(CV.逢坂良太)ら仲間と共に旅に出る。途中、”災禍の顕主・ヘルダルフ”と遭遇し戦いに。その中で、スレイは導師としての決意を新たにする。
【『#15 それぞれの哲学』】
商売仲間だったグレンが、司教らの手に掛かり、もうこの世にはいないと悟り、怒りを覚えたロゼ。その思いに応えるように、天族のデゼルはラストンベルの街にある聖堂を破壊しようとする。ライラたちがデゼルを止めにいく一方、スレイはロゼの元へと向かう。姿は見えないが、聖堂近くで巻き起こる事象をデゼルが引き起こしていると知ったロゼは、強い口調で制止、その声に応え、デゼルはそれに従った。スレイに「どうして聖堂を壊そうとしたのか」と問われたデゼルは、自身の過去、そしてロゼとの出会いを語り始める。
なお次回『#16』は、TOKYO MXでは1月29日(日)夜11時より放送となっている。

新婚の吉澤ひとみ「子供は多い方がにぎやかで」

Filed in 毎日の日記 Comments Off on 新婚の吉澤ひとみ「子供は多い方がにぎやかで」

すべての写真を見る(10件)日本での興行収入が50億円を突破したハリウッドアニメ映画「ミニオンズ」のブルーレイ&DVDが、12月2日(水)にリリース。発売を記念して、東京・ららぽーと豊洲にて「ミニオンズ イルミネーション点灯イベント」が開催され、先日結婚を発表したばかりの吉澤ひとみが、クリスマスらしい華やかな衣装で登場した。
吉澤は「『ミニオンズ』の発売イベントということで、私もすごくミニオンズ大好きなので、きょうは楽しみにしてきました」とあいさつ。
「クリスマスが近いのでちょっとそれを意識して赤と白で…」と衣装について語ると、司会者からのリクエストでターンして見せた。
「ミニオンズ」の魅力について、「見ただけでキャラクターがすごくかわいい」と明かすと、続けて「ミニオンズおいで!」の吉澤の掛け声で3人(3体?)のキャラクター、ケビン、スチュアート、ボブが登壇した。
そして点灯式では「いきます! ミニオンズ、幸せビーム!」とスイッチを押すと、後方の巨大ミニオンズに光がともされた。
さらに司会者から「ミニオンズのように近いうちにお子さんも」と話を振られた吉澤は「そうですね、ミニオンズほどはちょっとアレですけど…。でも多い方がにぎやかで明るい感じがするので。ミニオンズほどは大変ですけどね(笑)」と希望を語った。
最後にミニオンズから「ウエディングバナナケーキ」を贈られた吉澤は「ミニオンズは見てハッピーになれますし、小さいお子さまから年配の方まで本当に楽しめる作品になっていると思いますので、ぜひ、クリスマスも近いのでクリスマスプレゼントに絶対喜ばれると思います。大切な方や家族、恋人、皆さんでミニオンズを見てハッピーになってもらいたいなと思います。ありがとうございました」とイベントを締めくくった。

今すぐ使いたくなる、人気写真家の深い語録とは?

Filed in 毎日の日記 Comments Off on 今すぐ使いたくなる、人気写真家の深い語録とは?

すべての写真を見る(18件)「最高のファッションショーは常にストリートにある」を信条に、ニューヨークを行き交う人々の装いをカメラに収め続ける写真家ビル・カニンガム。今や彼に撮られることがニューヨーカーのステータスとまで言われるビルは、その写真作品もさることながら、これまでに残した数々の語録によっても大きな影響を与えるアーティストだ。その中から幾つかを紹介しよう。
まずは、彼のファッションに対する信念をよく表した「着る女性がいない服には興味がない」という言葉。この言葉一つで、ビルは装飾性に偏った一部のハイファッションをあっさりと否定してみせる。さらに「無料で着飾った有名人に興味はありません」と言い放ち、「ファッションは鎧なんだ。日々を生き抜くための」と、それがあくまで生活に根ざした文化であることを強調するのだ。これらは全て、50年にわたって真正面からファッションと向き合ってきたビルだから言える言葉に違いないのだが、「ただ見たものを撮り記録しているだけだ」と謙虚に言い切ってしまうのだから憎い。
そんなビルの生き様に迫ったドキュメンタリー『ビル・カニンガム&ニューヨーク』が5月18日(土)より公開される。同作は、これまで明かされることのなかったビルの私生活を含め、ファッション論、仕事論、そして人生哲学まで、彼の深い言葉と共に探っていく試みだ。「私は働いていません。好きなことをするだけです」といった名語録もたくさん飛び出しているので、是非耳を傾けてほしい。
「ファッションとは、身体に装いを凝らす芸術だ」と語るビルの美意識が凝縮された本作。ファッションに関心のある人はもちろん、生き方のちょっとしたヒントを求めている人にもぴったりの作品だ。【トライワークス】

R・ウィザースプーン、乱闘シーンで卵巣が破裂?

Filed in 毎日の日記 Comments Off on R・ウィザースプーン、乱闘シーンで卵巣が破裂?

すべての写真を見る(6件)ソフィア・ベルガラは、リース・ウィザースプーンとの乱闘シーンで凶暴になり過ぎて、リースが救急病棟に搬送される騒ぎになったらしい。
英紙デイリー・メールによれば、2人は新作映画『Hot Pursuit(原題)』で共演しており、女同士で喧嘩するシーンがあるそうだが、リースが本気でやってくれと言うのでソフィアが本気で彼女を手荒く押しまくっていたら、リースが救急病棟に送られる状況になってしまったという。
米国のエレン・デジェネレスのトーク番組に出演した2人は、その時の様子を説明しており、「私たちは喧嘩のシーンをやっていたんだけど、彼女はすごくタフで、私は救急病院に行かなくちゃいけない状態になった」とリースが語った。
ソフィアは「何かが内出血を起こしたの。私は彼女を押して、押して、押しまくっていたの。『ちょっと強く押し過ぎよね』とずっと彼女に聞いていたんだけど、彼女は『ううん。リアルにやって。激しく押すのよ』と言うからそうしたの」と証言している。
しかし、そのうちリースが「虫垂が破裂したんじゃないか」と感じるようなことが起き、そのまま病院に搬送されてしまったようで、「私は彼女の卵巣を破裂させたのよ」とソフィアはジョークとも本気とも知れない口調で淡々と語っている。【UK在住/ブレイディみかこ】

イチゴにクローバー、「ピンクリップ」が女子向けにリニューアル

Filed in 毎日の日記 Comments Off on イチゴにクローバー、「ピンクリップ」が女子向けにリニューアル

すべての写真を見る(5件)家の家電周りや会社のパソコン周り、デスク上の資料がゴチャゴチャ…、上手に片付けられない!という人にお薦めのアイテムがデザインフィルから登場! コード類をまとめるのに便利な「ピンクリップ」が”もっとおしゃれに収納したい!”という女子の声に応えてデザインを一新し、「ピンクリップ シリコン」(693円)として発売中だ。
「ピンクリップ シリコン」は”女性が使いたくなる商品”をテーマにした、デスクのワンポイントにもなるキュートなアイテム。中央部分のベルトにシリコン素材を使用しているので伸び縮みしやすく、コードからルーズリーフ約40枚程度まで幅広く対応できる。
デザインは、小さなテントウムシや、リンゴ・イチゴなどのフルーツ、クローバーなどをモチーフにしたかわいらしい6種類。「コードやルーズリーフをまとめる商品で”かわいい!”と思えるものが店頭に少なく、女性に人気のあるモチーフでクリップがあれば面白いのではないか?と思い開発しました」と話すのは広報担当の中村さん。「てんとう虫やイチゴの柄などの色付けの作業が難しかった」そうで、「かわいらしさを出すために細部までこだわりました!」と胸を張る。
通常は”物をまとめる”用途で使用されるピンクリップ。急増するスマートフォンの充電コードや音楽プレーヤーのイヤホンなどをまとめて持ち歩くのに便利なほか、ユニークな使い方ではギフト用ラッピングのアクセントにしたり、お菓子の袋を留めたりなど使い方はさまざまだ。
かわいいデザインで気分も上がる「ピンクリップ シリコン」。かわいく&おしゃれで収納上手の”できる女子”を目指しちゃう?【東京ウォーカー】

よい子は見ちゃダメ!?あのネロとパトラッシュが豹変!

Filed in 毎日の日記 Comments Off on よい子は見ちゃダメ!?あのネロとパトラッシュが豹変!

すべての写真を見る(8件)今年で放送40周年を迎える名作アニメ「フランダースの犬」。少年ネロと愛犬パトラッシュが天に召される最終回のシーンは、誰もが一度は目にしたことがあるだろう。その悲しすぎる結末に、涙した人も少なくないはずだ。
そんな悲劇の運命を辿ったネロ&パトラッシュが「地獄へ堕ち暗黒組織の手下となっていた」というまさかの設定で、映画『天才バカヴォン~蘇るフランダースの犬~』(5月23日公開)に登場。その豹変したビジュアルが、強烈すぎると話題になっている!
青い瞳にあどけない笑顔が印象的だったネロは、血走った目と吊り上がった眉で、まるで悪魔のような形相に。一方、パトラッシュは涎を垂らしながら牙をむき出しにし、今にも噛みついてきそうな迫力だ。本家「フランダースの犬」のような愛らしい面影は皆無。独特なシュールさが異彩なオーラを放っている。
劇中では、バカボンのパパの本名をどうしても聞き出したい暗黒組織が、刺客のネロとパトラッシュをバカボン一家に送り込んでくる…という突飛なストーリーが展開。「汚い人間たちの味方になってもいいことないじゃないか」「すみません、つい浣腸(緊張)して…」などなど、ネロの口からは、本家とギャップの大きなセリフ&ギャグが繰り出される!
そんな想定外のネロとパトラッシュを生み出したのが、監督&脚本を務めているFROGMANだ。ユルい笑いが人気のコメディアニメ「秘密結社 鷹の爪」シリーズの作者で、今回、赤塚不二夫の代表作「天才バカボン」を初めて長編映画化。バカボン一家と「フランダースの犬」の型破りなコラボレーションが実現した。
悪の手先となったネロ&パトラッシュにいい意味で裏切られる衝撃作。日本を代表するアニメ2作品の化学反応は一見の価値あり!【トライワークス】


TOP