甘党ピラフに金箔コーヒー!名古屋喫茶”魅惑の世界”

Filed in 毎日の日記 Comments Off on 甘党ピラフに金箔コーヒー!名古屋喫茶”魅惑の世界”

すべての写真を見る(8件)コーヒーを注文すればトーストやゆで卵が無料で付くモーニングなど、独自の文化が根付く名古屋の喫茶店。実はしっかりごはんが食べられる店が多く、オリジナリティあふれるメニュー展開がおもしろい。その中でも地元で有名な3店を紹介しよう。
まずは名古屋B級グルメの王様として名高い『喫茶マウンテン』(名古屋市昭和区)。小倉あんをのせたスパゲティなど奇抜なメニューで知られるこの店の今シーズンの新作は「ロバライス」(800円)。フルーツ入りのピラフという衝撃の一皿だ。一方、名古屋人のド定番と言えば、地下街をはじめチェーン展開している『コンパル』。名物エビフライサンド(890円)には、海老フライが3本も! そして忘れてならないのが喫茶店で定番の名古屋めし、アツアツの鉄板に卵焼きとイタリアンスパゲティがのった鉄板スパ。『マンゴ』(名古屋市中区)ではランチタイムなら350円で食べられるという激安ぶりだ。
また、ごはんメニューではないが、独自の路線をひた走る店も発見。『喫茶サマディ』(名古屋市昭和区)には純金箔入り珈琲(1800円)なるメニューが。その名の通り、純金の金箔がコーヒーが見えないくらいにカップの表面を覆っていてインパクトありすぎ。しかもフルーツと金箔をトッピングしたアイスクリームまでついてくる。いったい名古屋の喫茶店はどこへ行くのか…?今後も展開から目が離せない!
ちなみに、喫茶店文化がどれだけ名古屋に根付いているかは下記データでもしっかり実証されている。喫茶代の年間金額は3位の神戸市に2倍近くぶっちぎり、喫茶店の件数も3位の東京都を大きく引き離しているのは、さすが、喫茶天国・名古屋だ。【東海ウォーカー】
■喫茶代に使う年間金額が多いのは?
1位・岐阜市(1万4481円) 2位・名古屋市(1万3547円) 3位・神戸市(8368円) 4位・東京区部(7883円) 5位・川崎市(7413円) ※総務省統計局 家計調査より平成18年から3年間統計の1年あたりの平均(1世帯当たり)
■喫茶店の件数が多いのは?
1位・大阪府(1万1892店) 2位・愛知県(1万665店) 3位・東京都(7937店) 4位・兵庫県(6284店) 5位・岐阜県(3369店) ※総務省統計局 事業所・企業統計調査より平成18年年度

過激用語連発!女の本音がたっぷり詰まった映画って?

Filed in 毎日の日記 Comments Off on 過激用語連発!女の本音がたっぷり詰まった映画って?

すべての写真を見る(6件)「キン○マついてりゃえらいのか!」「オッパイ作ってます」「男知らなくて何が悪い!」と、いきなり過激用語の連発でビックリされたかもしれないが、これらは全部、4月3日(土)より公開のガールズムービー『カケラ』の劇中で飛び交うセリフなのだ。
本作は、深田恭子主演で映画化された『天使』(06)をはじめ、いくつもの人気作品を手掛ける漫画家・桜沢エリカのヒット作「ラブ・ヴァイブス」の映像化作品。気になるストーリーは、恋人と心が通じず退屈な日々を送る女子大生・ハルが、”メディカルアーティスト(病気や事故で体の一部をなくした人たちのパーツを作る仕事)”の女性・リコと出会い、その生き方に惹かれ、次第に緊密になっていく…といったもの。
上記のセリフは、恋人への不満を口に出せない大人しい少女だったハルが、リコに触発され、次第にハキハキしゃべり出す過程で発せられるもの。さらに「会ってセックスするだけ。恋人って何? 付き合うって何?」と、煮え切らない態度の彼氏に思いをぶちまけるシーンもあったりして、物語は女の子なら共感せずにはいられない(!?)内容に仕上がっている。
そんな本作で主役を演じるのは、『愛のむきだし』(09)で数々の賞を受賞し、今年も『川の底からこんにちは』(5月公開)や『悪人』(今秋公開予定)など、出演作が続々待機中の満島ひかり。また監督は、本作がデビュー作品となる27歳の新鋭・安藤モモ子。俳優・監督として活躍する奥田瑛二を父に持ち、ロンドン大学芸術学部を次席で卒業した秀英だけに、その手腕には大きな期待が寄せられている。
新進気鋭の女優&監督コンビで放つ、ちょっと過激な意欲作『カケラ』。KY気味の男性諸氏も、女子の本音がたっぷり詰まった本作を観れば、きっと女心が分かるようになる…かもよ!?【トライワークス】


TOP