マドンナ長男が「僕はビッチの息子」と投稿?

Filed in 毎日の日記 Comments Off on マドンナ長男が「僕はビッチの息子」と投稿?

マドンナの長男ロッコがインスタグラムに「僕はビッチの息子」というメッセージをポスティングしたと英紙メール・オン・サンデーが伝えている。
すべての写真を見る(5件)マドンナと元夫ガイ・リッチーは、ロッコの親権をめぐって法廷でバトルを繰り広げており、裁判官が元夫婦の2人に和解するよう呼びかけたとも報道されていた。ロッコは14万人のフォロワーがいた自分のインスタグラムのアカウントを1月に閉鎖していたが、再び「ロッコ・リッチー」を名乗るアカウントが登場し、「Son of a bitch」という思わせぶりな言葉をポスティングしていたという。「Son of a bitch」は「くそったれ」や「ろくでなし」などを意味する俗語として使われるが、文字通り読めば「ビッチの息子」ということになり、マドンナへの当てつけと取れないこともない。
ロッコのアカウントの投稿写真は非公開にされており、何者かが彼の名を騙っている可能性もあるが、「もしこれが本当に彼の新しいアカウントなら、彼は現在とても繊細になっていて、双方の親から平等にサポートされる関係性を築くべきだということを示しているでしょう。もしこれが偽のアカウントで、例えば彼の友人の一人のいたずらだとしたら、両親の揉め事がいかに公衆の面前で行われているかということを示すものです。マドンナはできるだけ早く、関係を修復する必要があります」とマドンナに近しい関係者が同紙に話している。
同紙によれば、マドンナは今週火曜日に英国入りしてロッコに面会する予定になっているそうで、2人が会うのはクリスマス前にロッコがニューヨークに戻って来なくなってから初めてのことだという。【UK在住/MIKAKO】

クライマックス直前!「七つの大罪」ステージレポート

Filed in 毎日の日記 Comments Off on クライマックス直前!「七つの大罪」ステージレポート

すべての写真を見る(2件)3月21日(土)・22日(日)に東京ビッグサイトで開催されているAnimeJapan2015で、テレビアニメ「七つの大罪」のステージイベントが行われた。
本作は、鈴木央が週刊少年マガジンで連載中のコミックが原作のアニメ作品で、2014年10月からMBS/TBS系全国28局ネットで放送されている。
ステージには、メリオダス役の梶裕貴、エリザベス役の雨宮天、ホーク役の久野美咲、ディアンヌ役の悠木碧ら8名のキャスト陣が登場。
「七つの大罪FESやりたいこと会議」と題したコーナーでは、7月25日(土)・26日(日)に舞浜アンフィシアターで開催されるイベント「七つの大罪FES」で、どんなコーナーを行うのかをキャスト同士で考えた。
キング役の福山潤とゴウセル役の高木裕平の2人から挙がったのは、メリオダスの技にちなんだ「フルカウンター」というコーナー案。
自分に向けられた魔力を跳ね返す”フルカウンター”のように、他の出演者から出されたお題に、梶が大喜利で応えていくという内容だ。
実演例として福山が振ったお題に、梶がメリオダスの決め台詞「それがお前の罪だぜ」で応え、客席を大いに沸かせていた。
2014年10月から放送されてきた本作も、いよいよクライマックスを迎える。
3月29日(日)放送の最終回では、原作にもある名シーンが登場するほか、各キャラクターの想いに迫るシーンも用意されるという。
登壇した出演陣が、残り2回となったテレビ放送への見どころを語ってステージは幕を閉じた。


TOP