ベネディクト・カンバーバッチが六本木で日本のファンに挨拶

Filed in 毎日の日記 Comments Off on ベネディクト・カンバーバッチが六本木で日本のファンに挨拶

すべての写真を見る(8件)ベネディクト・カンバーバッチが『スター・トレック イントゥ・ダークネス』(8月23日公開)を引っさげて来日、7月16日に六本木・ニコファーレでライブ記者会見が開催された。約7か月ぶり、2度目の来日を果たしたカンバーバッチは「とても興奮しているよ!」と笑顔を見せた。
本作は、J・J・エイブラムスが名作を新たによみがえらせ、話題を呼んだSFシリーズの第2弾だ。イギリスBBCのテレビシリーズ「SHERLOCK」に主演してブレイクしたカンバーバッチ。7月15日に日本に降り立った際には、成田空港に約1000人のファンが駆けつけるなど、日本でも大人気となっている。「皆さん、とても献身的に私を待っていてくれた。今では両親も空港に迎えには来てくれないのに、1000人以上もの人が集まってくれてとても嬉しかったよ」と喜びのコメント。「東京は大好きで愛している場所。新しいものと古いものが混ざり合った町で、僕にインスピレーションを与えてくれる」と来日の感想を寄せてくれた。
カンバーバッチは「第1作のファンだったんだ。現場に入った時はカークやスポックを見て、すっかりファンのような感覚になってしまった」と”スター・トレック愛”を告白。「家族のような関係が確立されているなかに入って行くのは緊張したけれど、みんなが僕を温かく歓迎してくれた。職人であり、謙虚な素晴らしいメンバーだよ」。そして、J・J・エイブラムス監督については「コラボレーションを大切にする人で、エゴというものが一切ない人。また彼と仕事ができることを楽しみにしているよ」とメンバーとのチームワークも素晴らしいものだったようだ。
本作でカンバーバッチは、”世紀の悪役”ジョン・ハリソンを存在感たっぷりに演じている。「演じてから、暴力的になったよ。これは冗談だけれど(笑)。彼の意志の鮮明さに影響を受けたんだ」と冗談を交えて、役柄から得た刺激を吐露。激しいアクションシーンにもチャレンジしているが、「ここまでの規模でアクションを演じたのは初めて。武術を混ぜ合わせて訓練をしたんだ。肉体的にも1日2時間の訓練をして、食事も1日4000kcalの摂取をしたりと、新しい経験ができた。とても楽しんでチャレンジしたよ」と撮影を振り返ってくれた。
ネットで生中継され、ファンからのコメントが会場の壁中に映し出されるという演出が施されたこの日。カンバーバッチも日本のファンから寄せられるコメントに興味津々で「『ハンサムなポーズをしてください』というメッセージがあったね」とポーズをとったり、「ネットの皆さん、大好きです!」と笑顔を見せたりと、紳士的で気さくな一面をのぞかせていた。5月16日に全米で公開され、8670万ドルを売り上げるNo.1のオープニングを記録した本作。日本では8月16、17、18日のお盆休みに先行公開されることも決定。今から公開が楽しみだ。【取材・文/成田おり枝】

「ジャガー」と「レンジローバー」をバーチャル試乗!

Filed in 毎日の日記 Comments Off on 「ジャガー」と「レンジローバー」をバーチャル試乗!

日本初のバーチャル試乗システム

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは7月10日(金)から、バーチャル試乗体験システムの「ジャガー・バーチャル・ドライブ」と「ランドローバー・バーチャル・ドライブ」に、新しいコンテンツを追加した。
すべての写真を見る(2件)ヘッドマウントディスプレイを装着して、実際の車に試乗しているような体験ができるシステム。顔の向きや傾きを感知して、映像が追従し、360度に渡る臨場感溢れる走行映像が眼前に広がる。
同社によると、全国の正規ディーラーに導入するのは、日本では初めてという。

高級車のバーチャル試乗を体験!

「ジャガー・バーチャル・ドライブ」には、「XE」とピュア・スポーツカーの「Fタイプ」が追加。
「ランドローバー・バーチャル・ドライブ」には、「ディスカバリー・スポーツ」と、高級SUV「レンジローバー」が追加された。
「Fタイプ」は、イギリスにあるジャガー・ランドローバーのテストサーキットを走行し、4.2秒で時速100kmに到達する加速性能や、豪快なエンジン音のバーチャル試乗体験ができる。
「XE」については、ジャガーのブランド・アンバサダーを務めるプロテニスプレイヤー錦織圭選手の隣に同乗して、好きな音楽やスペインの街並みについて語る新たな映像が加わる。
「レンジローバー」は、イギリスにあるオフロードコースを舞台に、インストラクターの解説付きで、深い水溜りや急勾配の坂道といった悪路を走行する。
路面の状況に合わせて、車両設定を自動調整することで実現した高い走破性や、水深90cmまでの渡河性能を、迫力ある映像で体験できる。
この機会に、高級車をバーチャル試乗してみてはどうか。【東京ウォーカー】

スピルバーグが『チャーリーとチョコレート工場』原作者の児童書を映画化!

Filed in 毎日の日記 Comments Off on スピルバーグが『チャーリーとチョコレート工場』原作者の児童書を映画化!

映画化もされた「チョコレート工場の秘密」や「マチルダは小さな大天才」で知られる小説家ロアルド・ダールの児童書「オ・ヤサシ巨人BFG」の映画化で、スティーヴン・スピルバーグ監督がメガホンを取ることになったと、The Hollywood Reporterが伝えた。

ロアルド・ダール原作映画『チャーリーとチョコレート工場』写真ギャラリー

本作は、心優しい巨人にさらわれ、巨人の国に連れてこられてしまう女の子ソフィーが主人公の物語。映画『E.T.』の脚本家メリッサ・マシスンが脚本を手掛ける。

ドリームワークスは、2011年に本著の映画化権を獲得、映画『ハリー・ポッター』シリーズなどのクリス・コロンバスらの名前が監督候補に挙がっていた。今のところ、2015年に撮影開始、公開は2016年になる予定だ。

スピルバーグは、実話を基に米国人スパイの釈放劇を描く映画『コールド・ウォー / Cold War』で、トム・ハンクスとタッグを組む可能性が報じられたばかり。『インディ・ジョーンズ』シリーズ第5弾の製作準備も進行しているところだ。


TOP